マンガ,小説,写真集を無料立ち読み!【総合電子書店】BOOKSMART

  • ホーム
  • 無料登録
  • ログイン
  • 初めての方へ
  • 借りている本
ワインが語るフランスの歴史
出版社:白水社
ワインが語るフランスの歴史
立ち読み
著者名
出版社
白水社
カテゴリー
人文・社会科学
ジャンル
人文・社会科学 西洋史

ポイント:950pt

価格:1,026円(税込)

PC iPhone iPad Android
商品説明
 ぶどうの木はマルセイユにあったギリシア植民市をとおして紀元前600年頃にはフランス(当時はガリア)に伝わったという。
 それからあまり時のたたぬうちに、ボルドー、ブルゴーニュ、ローヌ、ロワールなどの地でぶどうの栽培がはじまった。これらはみな現在の有名なワイン産地である。
 人が長い時間をかけてワインを作るに適した土地を選んだのか、それとも長い時とともにこれらの土地が自然淘汰されたのか、以来千年以上ものあいだ、フランスの地でワインは育まれてきた。
 封建領主は自らのぶどう畑の維持に力を注ぎ、各地に出現した修道院ではワインの醸造技術が向上していった。こうしてワインはフランス人の生活にとけこみ、他の国々と比べて格段に優れたワインを作り出すようになっていった。
 それはひとえに、ワインを生活の必需品としてのみとらえるのではなく、ワインを作り、ワインを味わうことに対して、芸術作品を作り、それを鑑賞するにもにた努力と情熱を傾けたフランス人の歴史があったからである。
 本書はフランスを代表する最もエレガントな文化といえるワインを通してフランスの歴史をながめようとするものである。「修道僧が作ったワイン」「ポンパドゥール夫人とシャトー・ラフィット」「ナポレオンとシャンベルタン」など歴史上に現われるワインにまつわる逸話の数々を紹介する。

ユーザーレビュー

全体の評価 ☆
5
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

購入前にご利用中のデバイスが
対応しているかご確認ください。

PC iPhone iPad Android

こんにちはゲストさん

会員登録

ジャンルから探す

コミック
文芸
ノンフィクション
社会・政治
ビジネス・経済
人文・社会科学
科学
語学
医学
芸術
趣味・実用
暮らし・生活
コンピュータ
写真集
ガイド
辞事典
参考書・問題集
資格・検定
雑誌
海外・翻訳
オーディオブック
新聞
その他種別
  • 今日のイチオシ
  • リリース予定
  • 初めての方へ
  • アプリダウンロード