マンガ,小説,写真集を無料立ち読み!【総合電子書店】BOOKSMART

  • BOOK
  • レンタル
  • 読み放題

【本屋さんが本気で作った電子書店】

総合電子書籍サービス 
BOOKSMART

白に刻む足跡
出版社:日本エンタープライズ
白に刻む足跡

文芸 文芸一般 文芸 恋愛・ロマンス 文芸 ライトノベル

著者名: 貝沼大輔

価格:216円(税込)

ポイント:200pt

PC iPhone iPad Android

商品説明


――真っ白な雪の上に、あなたは何を残しますか?――

都内の大学に通う榊遥香(さかき はるか)は、現在4年生。
内定ゼロのまま2月になってしまい、就職浪人は避けられそうにない。
「今まで私、何をしてきたんだろう?」
何もできなかった大学生活を悔やむばかり。
そんな中、姉の結婚の知らせを聞き、実家の長野へと帰省する。
バスを降りて長野駅のバス停を歩いていると、懐かしい声が聞こえてきた。
高校の同級生で、彼女の初恋の相手でもある入嶋優太(いりしま ゆうた)だ。
久しぶりに優太と話しながら、彼と出会った時のことに思いを馳せる。

優太と初めて話したのは4年前、地元の図書館でのこと。
問題集を解いていた遥香に優太が声をかけ、一緒に勉強しようと誘ってきたのだ。
優太とはクラスは違ったが、成績優秀な生徒として学年中に名前を知られている。
そんな彼と一緒ならはかどるかもしれない――そう思った遥香は、彼と一緒に勉強することになる。
イケメンで成績優秀な優太は、女子からの人気も高かった。
彼との関係について、クラスメイトから問い詰められることもあった。
遥香自身も彼に惹かれていたが、彼と関係を深めていくには決定的な問題があった。
お互いの志望大学が遠すぎて、卒業後は離れ離れになることが避けられなかったのだ。

そして受験後、2人に別れが訪れる。
それから今に至るまで、再び会うことはなかった。

久しぶりに再会した優太は、雰囲気は多少変わっていたが遥香の好きだった優太のままだった。
彼に励まされた遥香は、もう1度就職活動を頑張ろうと心に決める。

しかし遥香はまだ、気づいていなかった。
優太と離れていた4年間に、彼の身に思いもよらぬ出来事が起こっていたことに――

ユーザーレビュー

全体の評価 ☆
5
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

購入前にご利用中のデバイスが
対応しているかご確認ください。

PC iPhone iPad Android

こんにちはゲストさん

会員登録
  • パワープッシュ
  • ランキング
  • STAFFオススメ
  • リリース予定
  • 初めての方へ
  • アプリダウンロード
  • ■タイトル
    ■カテゴリ
    ■ジャンル
    ■対象者
    ■出版社
    ■価格帯
    円~

    詳細検索

    ジャンル
    一般向けコミック
    文芸一般
    ノンフィクション一般
    社会
    経済
    哲学・思想
    科学一般
    語学一般
    医学一般
    芸術一般
    趣味・実用一般
    暮らし・生活全般
    コンピュータ一般
    一般
    海外旅行
    辞事典一般
    全般
    公務員試験
    文芸・総合
    英語
    オーディオドラマ
    専門書
    価格帯