• ホーム
  • 無料登録
  • ログイン
  • 借りている本
  • 初めての方へ
冬の離宮は甘く雪に蕩ける
冬の離宮は甘く雪に蕩ける
著者名
出版社
日本エンタープライズ
カテゴリー
文芸
ジャンル
文芸 文芸一般 文芸 ティーンズラブ 文芸 ライトノベル

【24時間】
100チケット / 108円(税込)

【無期限】
200チケット / 216円(税込)

PC iPhone iPad Android
商品説明
大学を留年したイリスは時給のいいバイト、離宮の留守番に応募する。その離宮は昔王が愛人のために建てたもので、今はホテルとして利用されている。ただ冬になると閉鎖されるので、飼われているアイドル猫のための留守番が必要だった。留守番をする間の約束ごとは3つ。猫の面倒をみること、開かずの間には入らないこと、離宮で見聞きしたことは口外しないことだった。おかしなことだと思いながらも、学費のために目を瞑ったイリスは無事に面接に受かり、離宮で黒猫のルキアの面倒をみることになる。ある嵐の夜、猫と同じ名のルキアと名乗る謎の男に出逢い、彼に抱かれてしまう。彼は逗留客だと言い張るが、オーナーからは聞いていない。確かめる連絡方法は嵐で全滅だ。人間のルキアはイリスのことを離宮のオーナーがあてがった女だと誤解しているらしい。不思議なことに彼が現れてから猫は姿を消し、まるで黒猫が男に成り変わったように思う。ルキアの寂しげな瞳が気になるイリス。彼の正体を調べていくうちに離宮に住んでいた王の愛人の恋人と瓜二つの肖像画を見つける。また王の愛人の恋人はルイザと言い、ルイザと王の愛人マダム・シューライトが一緒に映っている写真も出てきた。しかもそれは死体を撮ったものだとわかる。その写真に最初から違和感を抱くイリス。もっと詳しく調べていくと、離宮の謎が隠されていた。しかもルイザはのちに姿をくらませている。王とのことに嫉妬して、愛人を殺してしまったのではなかという疑惑も出て、疑問を直接ルキアにぶつけると、彼は皮肉な笑みを浮かべて、自分の正体を明かしていく。ひと冬だけのバイトは、イリスの運命を大きく変える出逢いとなった。ルキアとの関係はひと冬だけの幻想なのか……それとも……。閉じ込められた冬の離宮で巻き起こるミステリーラブロマンス。

☆ (5.0) 0件のレビューを見る/書く


こんにちはゲストさん

会員登録

ジャンルから探す

コミック
文芸
ノンフィクション
社会・政治
ビジネス・経済
人文・社会科学
科学
語学
医学
芸術
趣味・実用
暮らし・生活
コンピュータ
写真集
ガイド
辞事典
参考書・問題集
資格・検定
雑誌
海外・翻訳
オーディオブック
その他種別
  • 今日のイチオシ
  • リリース予定
  • 初めての方へ
  • アプリダウンロード